『火災調査官』


福田和代著(創元推理文庫)。

放火事件と、現場に残された絵画。

火災を食い止めようと奔走する消防士たちと、

被害者と事件の関わりを追う火災調査官。

そんな彼らをあざ笑うかのように、

連続する放火事件と意味ありげな天使の絵。

犯人の意図とは一体!?

副題無しのどストレートなタイトルが示すとおり、

キーワードは、

放火・消防・火災調査・犯罪捜査。

そう、これぞ王道ミステリ!

 

火災調査官といえば、紅連次郎だよなー。←土ワイ。

ていうか、英一郎だよなー。←船越。

というくらいのスタンスで読み始めたのは、秘密にしておこうか。

2時間ドラマ好きなんだもの……。

『シカゴ・ファイア』(海外ドラマ)も好きよー。

 

続きを読む >>

『美貌のひと』

中野京子著(PHP新書)。

このテーマ、

そして、

相変わらず強烈なインパクトかつ正確にコンパクトなタイトルよ。

雑誌連載分をもとにしての刊行。

 

絵画に描かれた“美”をテーマに、24人。

神話世界の美人、

歴史に名を刻んだ美人、

有名人の創作意欲の対象となった美人。

“美人”という言葉だけで、幸せになれるわけではない。

のし上がる美、

翻弄する美、

利用される美、

無視される美、

芸術とは切り離せない“美”、そして“人”。

この二つを併せ持つ“美貌のひと”。

描かれた24人の美の形、歴史、人生、そのドラマがギュッと凝縮。

 

既存の著作物でも、

ちょいちょい出てくるようなエピソードもあって、

あーあれね、と思い出しながらでも読める。

ていうか、復習。

けれど、もちろん切り口斬新な新作もあり、

表紙絵に選ばれた“忘れえぬ女”の印象もぐっとくる。

“忘れえぬ”という表現が、本当に言い得て妙なんだなあ、と。

 


『一行怪談』

吉田悠軌著(PHP文芸文庫)。

生温かい空気がまとわりつく今日この頃、

こーいうジャンルが活気づくよネ!

てことで、チョイス。

 

読んで字のごとく、一文で完結する怪談集。

設定をそぎ落とした一文構成なので、世界観はどれも淡々としている。

その平坦さがまた醍醐味。

読み手の想像力が全てであり、

その物語を想起し補完し、肉付けし色を付けた途端、

自らが構築した世界観にゾッとする。

 

奇妙、不思議、不条理、不審、不安、不穏、不可解、――浮かび上がる恐怖の形。

それは確かに一行にこそ込められているのだが、

同時に、

読み手の想像力が、その感情を選んで、望んで、掘り起こしていると言ってもよい。

私たちは恐怖に怯え、それでも恐怖を欲している。

その事実にも、ゾッとする。

 

7月には第2弾も出る模様。またゾッとできるゾッ。←うわあ……。

 


| 1/222PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode