スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.07.11 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『舞台版 風魔の小次郎』。

ドラマ版の活躍したキャストが再び!! 
テレビ画面を飛び出して劇場で大暴れさ!!

てなことで、ドラマ版を観返したついでに舞台版の方も書いちゃえ。
ドラマ版を観ていれば、そのダイジェスト版ともとれるかな?
もしくは、
ドラマ版ではどーしても最後まで聴かせられなかったキャラソン、
それを今度こそ最後まで聴かせるため!! の舞台。
そうだね、もう少し歌の場面が多かったら、きっとミュージカルとして成立してたヨ。
そうだな、良いよ、それでも(←ボソッと)。

ドラマ版に出演していたキャストたちが気持よく勢揃い。
女性キャストが一切出てないので、ホント気持よいほどの男子校舞台。
あ、客席に座るのは見事なまでに女性ファンばっかりみたいだけれども。←当たり前。

舞台版の見どころは、何といっても演者たちの流麗な殺陣や、美麗な歌唱。
皆、動きのキレがよいし、歌も上手いんだよなー。
セットも、無駄な小道具がないので、イメージと想像と妄想でカバー。
ストーリー? 
わかんなくても大丈夫大丈夫。全然問題なし。
大事なのは演者たちだから。
舞台版のメインは、全て彼らだから。
彼らさえいれば、それで成立するのだから。
演出上の都合だろうけど、舞台全編にわたって照明が暗め設定+演者の衣装も暗色なので、
全体的にダークな印象は付き纏うけどね。

演者さんそれぞれに見せ場があり、
主要キャストには独唱あり。
うーん、純粋舞台にしては歌が多く、
ミュージカルにしては、歌が少ない。
総じて、エンターテインメントショーのノリに近い。
そんな彼らの熱演を見られればいいんだよ。
彼らがカッコよければそれでいいんだよ。
真似して、クエン酸チャレンジなんてやってみればいいんだよ。


スポンサーサイト

  • 2018.07.11 Wednesday
  • -
  • 00:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode